クラクラ TH12】全壊戦術「天災ドラバルラッシュ」の攻め方紹介(No.67)

スポンサーリンク

こんにちは、GTです。

今回の記事ではTH12の天災ドラゴンバルーンラッシュの攻め方を説明します。この攻めですが、タウンホールを落とすように攻めれば星2つ取ることを確定させた上で全壊を狙えます。リーグ戦なんかでも使えるようにしておくと、破壊率90%超えたけど星1つだったなんていう失敗はしにくいです。星2以上を確実に取れる有効な戦術です。

ということで…

  • 天災ドラバル攻めってどんな手順の攻めになる?
  • 配置のどのような点に注目して攻め方を考えた?
  • ユニットや呪文の編成はどうなっている?
  • 実際のプレイ動画は?

これらの疑問や要望に答えつつ、ドラゴンバルーンの攻め方を紹介していきます。

ドラバル攻めの大まかな攻め手順

攻める場合の大まかな手順は以下の通りです。

  1. 天災呪文(ライトニングやクエーク)やババキンアチャクイのセットなどを使って、本隊投入前にできれば2本は対空砲を折っておく
  2. ドラゴンやガーゴイルなどで、本隊がまとまって進軍出来るようにするためのサイドカットを行う、もしくはくびれを作っておく
  3. ロックボマーなどの突破兵器・ウォーデン・ドラゴン・バルーンなどを本隊として投入する
  4. タウンホール近くでトームレイジを使い、確実にタウンホールを破壊する(星を1つ確保)
  5. さらに状況に応じてレイジやフリーズを使って破壊進軍して破壊率50%を超す(星2つ目を確保する)→その延長で全壊へ

このような流れになります。配置や攻め方によって順番が前後したり使う呪文が変わってきますので、どうするかは柔軟に対応しましょう。

配置

具体的に見ていきましょう。今回説明に使う配置は以下の通りです。

特徴的なのが、タウンホールがある区画に対空砲4本全てとインフェルノタワー3本全てを配置してるところでしょうか。そしてインフェルノタワーが3本全てシングル(単体攻撃)設定となっています。

ドラゴンを使った攻めをすると、まず脅威となるのは対空砲です。そしてシングル設定のインフェルノタワーです。これらがまとまっているわけで、やっかいですね。ここに無策で突入するとドラゴンが次々と落ちていきます。

でも逆に言えば、この部分を効率よく処理できれば全壊を取りやすいといえます。

上の画像のエアースイーパーをご覧下さい。タウンホール右側にあるエアスイが左側を、左上にあるものが上側を向いています。ドラゴンの進軍は右側(3時側)から左側(9時側)へ向かうのがよさそうですね。

しかも…

上の画像の対空砲(1番)を事前に壊せれば、その上の2番部分の防衛施設を空ユニットで壊しやすいです。近くにある巨大クロス(4番)が対地設定ですしね。

そして3番の部分も空攻めで破壊しやすいです。クラン城から出てくる援軍処理をしなければいけませんが、その下には対空防御できないボムタワーがあるだけです。近くにある5番の巨大クロスが対地になっているのも空攻めにプラス要素です。

そうすると…

上の画像のように、2番と3番辺りの施設が破壊された状態をドラバル本隊が進軍する前に作ると良いです。くびれが出来ており、矢印(←)のところから進軍してくるドラバル本隊がタウンホールに向かってまとまっていくのです。エアスイの悪影響もあまり受けないです。

そうなれば、こちらの攻撃部隊がまとまったところで、トームレイジなどを使って一気に対空砲やインフェルノタワーを処理できます。タウンホールも壊せます。

ゲーマーズでしか手に入らない商品がたくさんあります!

実際に攻めた時の手順

では実際に攻めた時の手順とポイントを、より具体的に見ていきましょう。

最初にライトニングを4発対空砲とインフェルノタワーに落としました。まず対空砲が破壊されました。

12時側にベビドラを1体出してタダ削りしました。

6時側にもベビドラを1体投入しました。クラン城から防衛援軍が出てきましたので、ポイズンを投下して援軍処理をしました。その後はこの辺りの施設を壊していき、下側のくびれ作りをさせました。

3時側に1体ドラゴンを出しました。この位置だと、敵の防空圏外ですからタダ削りになっています。

1時側にドラゴンを出しました。上の画像にある白い円はアーチャータワーの攻撃範囲を表しています。防空圏外からタダ削りをすることが出来ており、これが上側のくびれ作りになっています。

頃合いを見てドラゴン本隊を2時辺りに投入しました。また、上側くびれ作りの補助としてドラゴン2体を12時側に出しました(そのあとバルーンも2体出しました)。イーグル砲がべびどらに一方的に攻撃されています。

その後、バルーンとウォーデンを本隊として出しました。

レイジと投入したところです。2時辺りの防衛施設を効率よく破壊していきました。

そしてタウンホールを中心にクエークの呪文を落としました。対空砲とインフェルノタワーにダメージを与えています。ドラゴンにとって苦手なインフェルノタワーが2本破壊されました。ライトニングとクエークの組み合わせでそれぞれ何発必要かをきちんと把握した上で行っています。

ロックボマーが画像の右下側に投入されています。これにより4時側の施設が破壊されていきました。

フリーズを投下しました。

4時半辺り(右下側)にババキンとアチャクイを出しました。この両ヒーローにより、5時と6時側のサイドカットを行わせました。

残り時間58秒時点での状況です。クラン城を壊すまでは出来ていませんが、サイドカットとくびれ作りがなされています。そのためドラバル本隊がまとまってタウンホールに向かっています。そしてヒール投入、部隊を回復させました。

更にレイジを重ねてタウンホール周辺を一気に壊しにかかりました。

タウンホール爆発に合わせてトームを発動し、無敵進軍させました。実に効率的なタウンホール区画の攻めになっていますね。

その後ですが、ドラゴンにとって脅威となる防衛施設がありません。アチャクイのクロークも残っていました。そして全壊へ…。

ドラゴンバルーンの編成

以上の攻めを行うためにttnkさんが組んだ編成は以下の通りです。

対空砲とインフェルノタワーを壊すためにライトニング4発とクエーク1発が用意されました。援軍は8体全てバルーンにしてあります。ドラゴンの壁役として風船を解除することもあるでしょうし、タウンホール周りで効率よく防衛施設を破壊させるためでもあります。タウンホール近くで部隊がまとまることが見えているのでヒールも持っていきました。

ドラバル攻めをする場合、例えばレイジ4発とフリーズ5発を持っていくパターンも考えられるでしょう。コウモリと組み合わせればライトニングやクエークの分をそれに振り分けることも考えられます。配置や攻め方によって調整しましょう。

コウモリドラゴン攻めについて、以下の記事で解説しています。ご参考下さい。

【クラクラ TH12】全壊戦術「コウモリ ドラゴンラッシュ」の攻め方(No.57)

プレイ動画

では実際のプレイがどうなったのか、以下の動画をご覧下さい。

Th12 天災ドラバルラッシュ 全壊プレイ

いかがでしたか?呪文でどこを壊すか、どの部分に何のユニットを投入しどう形を作るか、実によく練られた攻めだったと思います。ナイさらー♪

2例目:配置と編成

2例目を紹介します。攻めた配置は以下の通りです。2例目ということで攻め方説明を簡単にして動画を見ていただきますね。

インフェルノタワーが3本全てマルチ設定となっており、HPの高いユニットと相性が良いです。そして対空砲4本全てが外側に出ているので、ババキンアチャクイセットなどで対空砲を折りやすいです。また、配置の左側にある2本の対空砲がクエークの範囲内にあり、まとめて破壊しやすい位置です。こうなると天災呪文を使いつつ、ドラゴンラッシュなどの空軍攻めをしたくなりますね。

そこで今回攻めたttnkさんが組んだ編成と攻めた手順は以下の通りです。

ライトニングの呪文を合計4発持って行っています。対空砲1か所につき2本ライトニングを落とし、その後クエークをかけます。これで対空砲2本を折りにいっています。

その後は9時方向にガーゴイルを3体投入。この辺りは対空砲が無くなっているので空ユニットで破壊し放題です。

そして、ベビドラ・ゴーレム・ババキン・アチャクイ・ウィザードなどを3時辺りから出しました。サイドカットさせつつ、タウンホール右側にある2本の対空砲をこれら陸軍で折りに行ったのでした。2時3時辺りの壁の外に防衛施設が出ていますが、このパターンではゴーレムをアチャクイの前に出すと引っかからないので壁役として機能しやすいからです(ヒーラー4体とか5体つけてクイヒーにするよりユニット使用枠数が少なく済みます)。

その後のドラバル本隊投入ですが、エアスイの向きを考えて右上から左下へ流しました。そして全壊へ…。

2例目:プレイ動画

では早速以下のプレイ動画をご覧下さい。

【クラクラ TH12】全壊戦術「天災ドラバルラッシュ」の攻め方紹介(No.67-2)

インフェルノタワーがマルチであり、ドラゴンで対空砲の相手をしないで済む攻め方になっていました。こうなると余裕を持って全壊となりますね。ナイスプランニングでした!

参考になりましたか?ではまた!

他のクラクラ攻略記事

以下クラクラの攻略記事一覧です。みなさんにとって有用な情報になると思いますので是非ご覧下さい。

TH12の記事一覧

クラクラの記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする