【2021年1月】社会の時事問題

スポンサーリンク

こんにちは、GTです。

2回目の緊急事態宣言が出されました。また、アメリカで新大統領が誕生しました。今月はこのようなニュースを穴抜き形式で問題にしています。ご参考下さい。

2021年1月・問題

・2020年に公開されてブームとなった映画(       )の無限列車編が興行収入歴代1位を記録した。これまで歴代興行収入ランキングで1位だったのは(       )であった。これの興行収入316.8億円を超えて、ついに歴代トップの座を獲得した。

・日本で2回目の緊急事態宣言が出された。出されたのは(     )・(     )・(     )・(     )の4都県であった。期間は(   )月(   )日から(   )月(   )日までとなっている。1月13日には緊急事態宣言の対象地域に7つの府県が追加されることとなった。その7つは大阪府、京都府、愛知県、兵庫県、岐阜県、福岡県、栃木県。期間は1月14日から(   )月(   )日まで。 *みなさんが住んでいるところの近県について、宣言が出ているかどうかを把握しておきましょう。

・17日に、1995年1月17日から丸26年が経った。1月17日は(     )大震災が起こった日である。

・2月末から新型コロナ対策の(     )接種開始を目指している政府が決断した。18日に、菅首相は新型コロナウイルス対策として、担当大臣を任命することを決めたのだ。新たな(     )担当大臣となるのは(     )氏である。(     )氏は規制改革担当相と兼任となった。

・日本の国会の種類は参議院の緊急集会以外に3種類ある。そのうち(     )(   )月に開かれた。この国会の会期は(     )日間で、国家の(     )について話し合われる。2月のテストで「現在開かれている国会の種類は?」と問われたら(     )と答えればよい。

・昨年11月に行われたアメリカ大統領選挙の結果、(     )党の(     )氏が当選となり、20日の大統領就任式を迎えた。(     )氏が女性初の副大統領に就任する。ちなみにトランプ氏は(     )党に所属している。

・2017年に出来た(     )条約が1月22日に発効した。昨年の10月24日にこの条約に批准した国が50か国となり、その効力が発生することとなっていた。ちなみに日本はこの条約について、理想的ではあるが現実的でないとし批准している・いない。これはアメリカの核の傘に守られているという安全保障上の観点からである。

・アメリカ合衆国が虐殺を認定した。その内容とは、( 国名 )(     )族への弾圧を行い虐殺しているというものだ。( 国名 )政府はそれを否定した。

2021年1月・解答

・2020年に公開されてブームとなった映画『鬼滅の刃(きめつのやいば)』の無限列車編が興行収入歴代1位を記録した。これまで歴代興行収入ランキングで1位だったのは『千と千尋の神隠し(せんとちひろのかみかくし)』であった。これの興行収入316.8億円を超えて、ついに歴代トップの座を獲得した。

・日本で2回目の緊急事態宣言が出された。出されたのは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の4都県であった。期間は1月8日から2月7日までとなっている。1月13日には緊急事態宣言の対象地域に7つの府県が追加されることとなった。その7つは大阪府、京都府、愛知県、兵庫県、岐阜県、福岡県、栃木県。期間は1月14日から2月7日まで。 *みなさんが住んでいるところの近県について、宣言が出ているかどうかを把握しておきましょう。

・17日に、1995年1月17日から丸26年が経った。1月17日は阪神淡路大震災が起こった日である。

・2月末から新型コロナ対策のワクチン接種開始を目指している政府が決断した。18日に、菅首相は新型コロナウイルス対策として、担当大臣を任命することを決めたのだ。新たなワクチン担当大臣となるのは河野太郎氏である。河野太郎氏は規制改革担当相と兼任となった。

・日本の国会の種類は参議院の緊急集会以外に3種類ある。そのうち通常国会(常会)1月に開かれた。この国会の会期は150日間で、国家の予算について話し合われる。2月のテストで「現在開かれている国会の種類は?」と問われたら通常国会(常会)と答えればよい。

・昨年11月に行われたアメリカ大統領選挙の結果、民主党のジョー・バイデン氏が当選となり、20日の大統領就任式を迎えた。カマラ・ハリス氏が女性初の副大統領に就任する。ちなみにトランプ氏は共和党に所属している。

・2017年に出来た核兵器禁止条約が1月22日に発効した。昨年の10月24日にこの条約に批准した国が50か国となり、その効力が発生することとなっていた。ちなみに日本はこの条約について、理想的ではあるが現実的でないとし批准して(いない)。これはアメリカの核の傘に守られているという安全保障上の観点からである。

・アメリカ合衆国が虐殺を認定した。その内容とは、中国ウイグル族への弾圧を行い虐殺しているというものだ。中国政府はそれを否定した。

印刷用プリント

以下ダウンロードできる印刷用プリントです。PDFファイルになっており、A4サイズの設定です。ご利用下さい。

カッコ付時事問題 2021年1月内容 (52 ダウンロード)

一問一答形式 時事問題 2021年1月内容 (46 ダウンロード)

他の時事問題の紹介

スポーツ内容では箱根駅伝の優勝大学など出題が予想されます。以下のページでご確認下さい。また、別の時期について内容を確認したい方は記事一覧もご覧ください。

保健体育のテスト向けスポーツ時事問題

時事問題の記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする