【2020年12月】社会の時事問題(ダウンロードプリント有り)

スポンサーリンク

こんにちは、GTです。

無罪を勝ち取った元死刑囚の方が亡くなりました。また、惑星探査機が長い旅から戻ってきて、再び旅立ちました。そんなニュースが入ってきた12月内容をお届けします!勉強している方頑張って下さいね^^

2020年12月内容・問題

・2020年の流行語大賞が決まり、「(    )」となった。それらを具体的に表すと、(    )・(    )・(    )である。

・死刑囚として国内で初めて再審無罪となった(       )さんが5日に、大牟田市の高齢者介護施設で亡くなった。95歳であった。

・宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星(       )の石などが入っているとみられる探査機「(       )」のカプセルを、(       )南部の砂漠で回収したと発表した。カプセルは中の気体を現地で採取する予定で、その後日本へ送られ、物質の有無を確認する。

・2020年の「今年の漢字」が決まり、14日に京都府京都市にある(    )寺で貫主の揮毫(きごう)によって発表された。2019年は新年号「令和」の発表もあって「令」の字だったが、新型コロナウイルスの流行があった今年は(   )となった。

・公立小学校の学級編成について、萩生田大臣は17日に、来年の2021年度から5年かけて(    )人に引き下げると発表した。また約1万4,000人の教職員定数の改善を図り、次期通常国会に向けて必要な法整備をするとした。ちなみにこの人数引き下げについて扱う省は(     )省である。

・政府は21日、2021年度予算案を閣議決定した。一般会計の総額は(    )兆6097億円となり、前年度当初予算から3兆9517億円(3・8%)増え、9年連続で過去最大を更新した。

2020年12月内容・解答

・2020年の流行語大賞が決まり、「3密」となった。それらを具体的に表すと、密閉・密集・密接である。

・死刑囚として国内で初めて再審無罪となった免田栄(めんだ さかえ)さんが5日に、大牟田市の高齢者介護施設で亡くなった。95歳であった。

・宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星リュウグウの石などが入っているとみられる探査機「はやぶさ2」のカプセルを、オーストラリア南部の砂漠で回収したと発表した。カプセルは中の気体を現地で採取する予定で、その後日本へ送られ、物質の有無を確認する。

・2020年の「今年の漢字」が決まり、14日に京都府京都市にある清水寺で貫主の揮毫(きごう)によって発表された。2019年は新年号「令和」の発表もあって「令」の字だったが、新型コロナウイルスの流行があった今年はとなった。

・公立小学校の学級編成について、萩生田大臣は17日に、来年の2021年度から5年かけて35人に引き下げると発表した。また約1万4,000人の教職員定数の改善を図り、次期通常国会に向けて必要な法整備をするとした。ちなみにこの人数引き下げについて扱う省は文部科学省である。

・政府は21日、2021年度予算案を閣議決定した。一般会計の総額は106兆6097億円となり、前年度当初予算から3兆9517億円(3・8%)増え、9年連続で過去最大を更新した。

印刷用プリント

以下ダウンロードできる印刷用プリントです。PDFファイルになっており、A4サイズの設定です。ご利用下さい。

カッコ付時事問題 2020年12月内容 (97 ダウンロード)

一問一答形式 時事問題 2020年12月内容 (115 ダウンロード)

他の時事問題の紹介

別の時期について内容を確認したい方は以下のページもご覧ください。

時事問題の記事一覧

最近数か月の時事問題を1ページに載せたまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする