【クラクラ TH13】全壊戦術「クイヒーディガーホグ」 投下兵舎プレイの仕方を紹介(No.40)

スポンサーリンク

こんにちは、GTです。

先ほどのクラン対戦で素晴らしいプレイが生まれました!せいじさんによるクイヒーディガホグ with 投下兵舎 全壊プレイです。

最近投下兵舎の強さを実感しています。下方修正が来そうな気がしてきました。もちろんさすがのプランニング、さすがのプレイですけどね。

では早速紹介をはじめます。

敵陣の配置

今回攻めた陣の配置は以下の通りです。

クイヒーディガホグのお手本となる攻め方といえば、3部隊で中央・右端・左端を進軍するものです。一般的に、中央がディガホグウォーデン部隊となります。両端はクイヒー部隊とババキン投下兵舎部隊になります。両端は入れ替わっても構いません。

私がTH11でやったプレイはそういう意味では例外的でした。以下同じクラン対戦の私のプレイです。TH11の方はご参考下さい。
【クラクラ TH11】全壊戦術「クイヒーディガー」投下兵舎のプレイ方法を紹介(No.39)

今回の攻めも例にもれず、左下から右上へ向かって3部隊が進行していきました。クイヒーで右側を、投下兵舎とババキンで左端を、ディガホグウォーデンで中央を担っています。では細かく攻め方を見てみましょう。

クイヒーディガホグの攻め方

具体的な攻め方は以下の通りです。これを確認していただいたら最後に実際の攻めプレイを動画でご覧いただきます。

1.ロイヤルチャンピオン

ジャイアントを盾にしてロイヤルチャンピオンを投入しクサビを打ち込みます。

以下ホーミングシールドを発動した時の画像です。

発動後は以下の画像のように防衛施設が減りました。これで中央を進むディガホグ部隊の進路が狭まりました。上手い!

2.援軍処理

次に援軍処理です。ダクエリタンクの下辺りにバーバリアンを投入しました。

以下の画像のように、6時方向に敵援軍を集めてポイズン・レイジを使って処理していきました。

3.穴開け

9時方向からウォールブレーカーを出して壁の穴開けを行いました。ドバーっと一気にウォールブレーカーを出さないで小爆弾対策をきちんと行っています。

4.投下兵舎

9時方向の壁に穴が空いてババキンと投下兵舎を投入しました。この部隊で左端を破壊しながら進軍していきました。

5.ディガホグ

ディガーとホグを投入しました。中央突破部隊です。右端を先行していたクイヒーがすでに右端を大分削っていますね。中央突破部隊の進路がしっかりと狭まるようになっています。

以下の画像のように、ディガホグがタウンホールに近づいたところでトーム発動!レイジも重ねて無敵破壊侵攻させました。

あとは残りのユニットを投入したり残りの呪文を使うなどしました。そして全壊へ。

編成

以上の攻め方をするために、せいじさんが組んだ編成は以下の通りです。

プレイ動画

では、実際の攻めを以下の動画でご覧下さい。

【クラクラ TH13】クイヒーディガホグ with 投下兵舎 全壊プレイ(No.40)

相手の1番を初見攻めで全壊!さすがでした。相手はうちらのth13から全壊を取れなかったので、この活躍で対戦勝利、しかも10連勝がほぼ確定しました。ないさらー♪

2例目の配置

2つ目の例を紹介します。配置は以下の通りです。

サザンクロス的になっていますね。中央に十字の通路があり、全体が大きく4つの区画に分けられています。クラン城と敵アチャクイが配置の真ん中にあります。インフェルノタワーが3本とも単体攻撃設定で、タウンホール区画以外の場所にそれぞれあります。

これ、クイヒーディガホグでやるのにいい配置です。クイヒーでタウンホール区画を破壊すれば、あとは残りの3区画を投下兵舎部隊とディガホグ部隊でL字型に破壊進軍できるからです。

クイヒーでシングル設定のインフェルノタワーを相手にしなくて良いです。火力が上がればフリーズを撃つ必要がありますね。でもクイヒー部分でその必要がないのもプラス条件です。持っていけば持っていったで、状況見て投石器対策などで使えますしね。

2例目のプレイ動画

ではプレイ動画を以下ご覧下さい。

【クラクラ TH13】全壊戦術「クイヒーディガーホグ」 投下兵舎プレイの仕方を紹介(No.40‐2)

いつもながらのさすがプレイでした。ないさら~♪

参考になりましたか?ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする