【2020年4月後半】社会の時事問題(ダウンロードプリントセット済)

スポンサーリンク

こんにちは、GTです。

ある国での総選挙の結果が入りました。反日政策をとる国で与党が勝利したとのことです。コロナ関係のニュースが多いですが、選挙の内容もおさえていきましょう。

では4月後半内容の紹介開始!

2020年4月後半・問題

・15日に(   )で総選挙が行われた。結果として与党「共に民主党」が勝利し、(     )大統領の政権運営は信任を受けた形だ。政権の強硬な対日政策も継続される公算が大きく、残り2年余りの大統領任期内に日本と(   )の関係改善に向けてかじを切れるかは厳しい見通しだ。

・世界保健機関の(     )・アダノム・ゲブレイェソス事務局長が27日、新型コロナウイルスについて警鐘を鳴らした。世界的流行を表す(     )の終息には程遠いとのことであった。ちなみに世界保健機関の略称はアルファベット3文字で(     )である。

・30日の参議院の本会議で2020年度補正予算が賛成多数により可決し成立した。経済的収入が減った家庭へ30万円の給付をする案が批判により変更され、国民へ(   )円ずつ給付されることとなった。ちなみに父30歳・母30歳・息子10歳・娘1歳の家庭では全部で(   )円がもらえることとなる。

・大阪府の(          )知事は30日、休業要請に応じないまま店名公表後も営業を続けていた大阪府内のパチンコ店7カ所が休業したことを発表した。この日までに要請に応じない場合、新型(        )対策特別措置法45条3項に基づき、全国で初めて休業を指示する方針だったが見送った。

2020年4月後半・解答

・15日に韓国で総選挙が行われた。結果として与党「共に民主党」が勝利し、文在寅大統領の政権運営は信任を受けた形だ。政権の強硬な対日政策も継続される公算が大きく、残り2年余りの大統領任期内に日本と韓国の関係改善に向けてかじを切れるかは厳しい見通しだ。

・世界保健機関のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長が27日、新型コロナウイルスについて警鐘を鳴らした。世界的流行を表すパンデミックの終息には程遠いとのことであった。ちなみに世界保健機関の略称はアルファベット3文字でWHOである。

・30日の参議院の本会議で2020年度補正予算が賛成多数により可決し成立した。経済的収入が減った家庭へ30万円の給付をする案が批判により変更され、国民へ10万円ずつ給付されることとなった。ちなみに父30歳・母30歳・息子10歳・娘1歳の家庭では全部で40万円がもらえることとなる。

・大阪府の吉村 洋文(よしむら ひろふみ)知事は30日、休業要請に応じないまま店名公表後も営業を続けていた大阪府内のパチンコ店7カ所が休業したことを発表した。この日までに要請に応じない場合、新型インフルエンザ対策特別措置法45条3項に基づき、全国で初めて休業を指示する方針だったが見送った。

知事が休業を指示するときに使う法律は、「新型コロナウイルス対策特別措置法」ではありません。数年前に新型インフルエンザが流行ったときに出来た法律です。注意しましょう。

印刷用プリント

以下ダウンロードできる印刷用プリントです。PDFファイルになっており、全てA4サイズの設定です。ご利用下さい。

カッコ付時事問題 2020年4月後半内容 (78 ダウンロード)

一問一答形式 時事問題 2020年4月後半内容 (71 ダウンロード)

他の時事問題の紹介

別の時期について内容を確認したい方やプリントダウンロードしたい方は以下のページもご覧ください。

時事問題の記事一覧

最近数か月の時事問題を1ページに載せたまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする