【クラクラ No.9 TH10ゴレウィズペッカ】格上から星2つを取る方法(対TH11カンスト級編)

スポンサーリンク

こんにちは、GTです。

「格上から星を2つ取る方法」の3回目で、今回で完結します。タウンホール11のカンスト級の陣をリーグ戦で初見攻めしましたので簡単に紹介しますね。

敵陣の配置

今回の敵陣は以下の通りです。

ざっと見て防衛施設が下側に寄っています。下半分の防衛火力がかなり高いので、格下のTH10のユニットで下から攻めるとすぐに溶けてなくなりそうです。

下側の攻め方針

タウンホールの下シングルインフェルノタワー、その下にイーグル砲、更にその下にクラン城があります。真下の6時方向からウォールバスターを出して行くとタウンホールまでたどり着けなさそうです。下からは無理ムリ。

さて、これが資源狩りならあきらめて次の村へいけば良いのですが、今回はリーグ戦ですから逃げるわけにはいきません。

この写真から判断するに、下半分はアーチャーで破壊率を稼ぐ場所にするのが良いと判断しました。

6時方向にアーチャーを出してダークエリクサーポンプを壊せます。3時と9時にある大工小屋のすぐ下側にアーチャーを1体ずつ出せば小屋→金山→キャンプの順番に壊してくれるでしょう。

ここまででアーチャー3体(3枠)で7%の破壊率を見込むことが出来ました。残り237枠とヒーローや援軍部隊で43%+タウンホール破壊をすれば星2つです。行けそうな気がしてきました。

上側の攻め方針

下からウォールバスターその他でタウンホールを破壊するのはあきらめ、上側から攻めることにしました。

今回やっかいなのはタウンホールのすぐ近くにあるインフェルノタワーシングル2本です。単体攻撃なのでウォールバスターといえどもすぐに溶けて壊されてしまいます。3時方向や10時方向からの投入だと早い段階からシングルインフェルノに攻撃されつつの進軍となりますから、タウンホールまでたどり着くのが無理だと判断しました。

では真上(0時方向)から?これもキツイですね。タウンホールまで5枚壁を抜けていかなければなりませんから。

でもそれしかないと思いました。

実は真上からウォールバスターを真下へ進ませれば、インフェルノタワーからの攻撃を受けるのがタウンホールの真上の壁を壊し始める時です。インフェルノの火力がアップしてウォールバスターを壊す時には壁も壊れているでしょう。ウォールバスターが壊れたらまずジャイアントが先に出ますから、それがシングルインフェルノのターゲットを集めてくれます。その間にマックスレベルペッカがタウンホールを攻撃してくれるでしょう。

念のためペッカやジャイアントにヒールとレイジをかければやれると判断しました。ディガーも数体待機させておいてタウンホール破壊の支援させることも考えました。

ゴレウィズペッカの攻め編成

今回の攻め編成は以下の通りです。

突破兵器と中身:ウォールバスターにペッカ1、ジャイアント2
ユニット:ゴーレム4、ペッカ1、ディガー5、ウィザード14、アーチャー3、ウォールブレーカー3(残り枠0)
呪文:ヒール4、レイジ1、フリーズ1
援軍呪文:ポイズン1

ウォールバスターを0時方向から真下に向かわせる場合、敵防衛施設の火力にさらすわけにはいきません。途中でウォールバスターが壊れたら防衛施設に向かってしまうのでタウンホールを壊せないでしょう。

ウォールバスターを守るための壁役としてまずゴーレム2体を出し、その後に後衛ウィザードを出すことにしました。

更にウォールバスターの後からババキンとアチャクイを投入して中に入らせることを考えました。それにはサイドカットが必要なので、途中から2時と10時方向にゴーレムを1体ずつ出して後衛ウィザーとも出すことにしました。

これでウォールバスターを守りつつサイドカットを行えるはずです。そうすると次に心配なのは破壊率50%以上を稼げるのかどうかです。

上からの攻撃だと施設数が少ないので破壊率を稼げません。そこでペッカとウォールブレーカーを用意して2時方向から壁内へ進入、破壊率を稼がせることにしました。ヒールを3回は使えるのでそこそこやってくれるでしょう。

実際の攻め動画

では実際の攻めをご覧ください。

【COCNo.9 TH10】how to get 2 stars from superior town hall

またしてもアチャクイがそれてしまいました。ダメですね。結果的にペッカの進入場所にそれてくれ、破壊率アップに貢献してくれたので結果オーライでした。

アチャクイの逸れ方ですが、実は角出しすると十分にあり得ることです。後日ゴレホグで全壊を逃したプレイ紹介でそのことに触れます。

まぁ、とにかく星2つは確保できたので良しとしました。ゴーレム4体でウォールバスターを守りつつ進軍というやり方が良かったと思います。参考まで。

今回の記事はいかがでしたか?ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする