【クラクラ TH12】クイヒーディガーホグ with 投下兵舎 全壊プレイ(No.37)

スポンサーリンク

こんにちは、低品質な全壊戦士のGTです。

昨日のクラン対戦で初見攻めをしまして、全壊を取ることが出来ました。使った戦術がクイヒーディガホグ投下兵舎でしたので、そのプレイを紹介します。

敵陣の配置と方針

今回攻めた陣の配置は以下の通りです。

ダクエリ係数が512の陣で、TH12ではまぁまぁ高いです。しかしウィズ塔・大砲などTH11レベルの防衛施設もありますので、その部分は攻めやすい陣です。係数が504から上がったばかりの陣なのでしょう。

特徴として注目したのは以下の5点でした。

  • タウンホールの左側にアロー型の壁が配置されている
  • 11時から10時にあるエリクサータンクの間が2マス空いている
  • タウンホール近くの対空砲が区画の外側に配置されている
  • インフェルノタワーが3本全てマルチ設定になっている
  • インフェルノタワーのうち広い区画内の2本が陣の中央側へ寄っている
  • 3時から6時方向にかけて、壁の外側に防衛施設や通常の施設が並んでいる

私の場合、まずはウォールバスターを使ったゴレホグで攻めることを検討するわけですが、上手く行かない気がしました。

ゴレホグの場合、ウォールバスターを10時30分あたりから投入することになります。2連大砲があり、敵アチャクイも近くに居ますからゴーレムを1体壁役にしても場合、結構なダメージを負うことになります。しかもゴーレムがアーチャータワーや迫撃砲の方へそれる可能性もあります。

サイドカットをするためにウィザードを投入するわけですが、エリクサータンクの間にテスラが置いてありそうですね。そうするとウィザードもあっけなくやられてしまうかもしれません。

そうなるとウォールバスター進入部隊で削れる部分が少なくなり、ホグの進軍ルートが上手く作れなくなってしまいます。だからゴレホグはやめようと思いました。

そうなると戦術として選びたくなるのがクイヒーディガホグ投下兵舎です。

アロー型の壁配置ということはクイヒーが引っかからずに12時→8時(もしくは逆の8時→11時)方向へ進んでいくことが出来る。途中のインフェルノがマルチ設定なのでクロークを温存できる。途中の対空砲も破壊が楽で、ヒーラーが横から対空に撃たれて消耗していく心配が無い。

クイヒーパートが決まりました。

次は投下兵舎による役割と進軍ルートを考えます。3時から6時方向にかけて、壁の外側に防衛施設や通常の施設が並んでいますから、ここをペッカを壁役にしつつ後衛ウィザードと共に破壊進軍させるのに向いています。ババキンもこの部隊の壁役に使おうかな。

最後に残ったのがディガホグ部隊のパートとなります。2時方向からイーグル砲へ向かわせる中央突破部隊にしました。

実際にはタウンホール下のインフェルノタワー辺りが残ると思います。ですからディガホグ部隊は2時→6時→9時方向へと進んでいくイメージです。

投下兵舎でユニット数を増やしてくれます。ウィザードをあまり作らなくて済む分、ディガーとホグを多く用意できるます。数的に足りるでしょう。

攻め方

配置の特徴や大まかな攻めの方針から、具体的に以下の攻め方を行うことにしました。

1.アチャクイとバルーン

アチャクイ→バルーンの順に投入しました。

対空砲を避けるために、アチャクイの少し左上にヒーラーを投入しようと思っていました。黒風船でいきなりヒーラーが落ちるのを防ぐためにバルーンを1体投入です。そうしたら…

いきなり角テスラにヒット!

バルーンで黒風船を解除することにはなりませんでしたが、ヒーラーがダメージを受けずに済むこととなりました。念のため近くにウィザードを1体投入してテスラ破壊を手伝わせました。

後で動画を見ればわかるのですが、実はこの段階でヒーラーが1体3時方向に誤って投入されています。これは低品質でしたね~。タブレットでプレイしていたのですが、どこか画面の端を触ってしまったようです。

2.ポイズンとジャンプ

敵援軍が出てきたところでポイズンを投下しました。アチャクイが2時側へ逸れそうだったのですぐにジャンプも投入しました。ウィザードもサイドカット用に投入してあります。

3.ババキン

念のためババキンを投入しました。ババキンの近くの金庫が壊れれば、まずアチャクイが2時側に逸れることはないです。ここはちょっと予定外でした。

テスラが出てウィザードを1つ投入していたためです。最初の予定ではジャイアントを壁役にして、その後ろからウィザードを2体出してサイドカットしようと思っていたのでした。まぁ、この後ババキンが3時方向へ進むのは確実なので問題無しです。

4.投下兵舎

投下兵舎を3時の角に投入しました。ババキンがもう少し進んでおいて欲しいところです。ということで、数体ディガーをアーチャータワーの辺りに出して破壊を補助させました。

5.ディガー

ディガーを投入し、それにウォーデンを付けました。HPアップの恩恵を受けやすいのは中体力の部隊ですから、今回もやっぱりウォーデンはディガホグ部隊に付けることにしました。

タウンホールの上にあるインフェルノタワーが残っていますね。ここはクイヒーで破壊する予定でしたが、出来ていません。低品質プレイでしたわ。

ともあれ全体としてはプラン通りに進んでいきました。あとはディガーを出し切ってホグも出して、状況を見つつヒールを撃っていきました。

編成

以上の攻め方をするために組んだ編成は以下の通りです。

ヒーラーを5体確保するようにしています。ウィザードは少なめでサイドカット要員として2体だけにしました。あとはなるべくディガーとホグを多く積むようにしています。アーチャーは1枠余ったので入れました。

プレイ動画

では実際にどうなったのか、以下動画をご覧下さい。

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans) – 2020-04-29

低品質なプレイではありますが、選択した戦術が良かったです。これが一番の勝因だと思います。プレイスキルが高くても、配置に合わない戦術を選ぶと難易度が高すぎで全壊取れなくなりますからね。逆に相性の良い戦術を選べば低品質プレイでも全壊です♪

ディガーの後のホグ投入ですが、位置がテキトウでしたね~。実は投入し始めてからインフェルノタワーが残っていることに注目し、後からホグの出し位置を1時側に寄せました。だから中途半端なホグの出し方になっています。

状況を見つつヒールを撃つのは出来たと思います。

ヒーラーは無駄に1体死んでいるし、アチャクイが最後まで生き残ることが出来ませんでした。ここはまだまだです。より精度の高いプレイを目指したいと思います。

参考になりましたか?ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする