【クラクラ TH9】ゴレホグ戦術で全壊を取る方法を紹介 (No.28)

スポンサーリンク

こんにちは、TH9ゴレホグマスターのGTです。

TH9の時は20戦中18回くらいは初見で攻めていまして、TH10に上げる前に17回連続で全壊を取りました。1回だけゴーレムがテスラに引っ張られて変な方向へ流されたため、全壊を逃したことがあります。20戦中19回の全壊だったので、全壊率95%でした。

今回ですが…

  • ゴレホグの編成はどうなるの?
  • どう攻めればいいの?
  • プランニングするときはどこに注目すればいいの?

このような疑問に答えつつ、TH9版のゴレホグ戦術で全壊を取る方法を紹介します。

基本編成

基本的な編成は以下の通りになります。

私の場合、ホグライダーを多く積みたいので、自軍のホグが最低でも20体です。援軍枠はホグが6体となります。配置によってゴーレムやウィザードを減らしてホグを増やせたら増やします。

ウォールブレーカーですが、3体あれば壁を壊すことが出来ます。でも壁の外に爆弾を置いてあることがありますので、解除用にもう1体増やして合計4体です。壁のレベルが低く、2体で壊れる場合は合計3体のウォールブレーカーにします。

呪文ですが、大型枠は全てヒールに振り分けるのが基本です。大量のホグライダーを用意して、なるべくたくさん生き残らせるのが目的です。ウォールブレーカーを入れないで攻めることがあるのですが、その場合はヒール3つにジャンプ1つにします。

ヒールを減らした時はホグライダーを2つ増やします。ウォールブレーカー4体とウィザーと1体を減らすのです。余った枠はアーチャーやガーゴイルに回してサイドカット要員にするなどします。

壁の構造が2重になっていて、ジャンプして進んでいかないと敵アチャクイにたどり着けない場合がこのパターンになります。

小型呪文の枠は自前呪文も援軍呪文も両方ポイズンです。1つは援軍処理用、もう1つはスケルトントラップやババキンを処理するために使います。2つ目のポイズンは状況に応じての使用になります。

攻め方の手順

オーソドックスな攻め方の手順を紹介します。まずは以下の敵陣の配置と攻め方の手順をお読み下さい。最後に実際の攻めプレイを動画でご覧いただきます。

敵陣の配置

今回例として出す敵陣配置は以下の通りです。

タウンホールの右側に敵アチャクイがいます。敵アチャクイを倒しつつ敵防衛援軍も処理したいので、進入場所が2時くらいからになります。

その後のホグライダー投入は5時くらいから上に向かわせるか、12時くらいから下に向かわせるかでしょう。

では、以下攻める時の手順を見てみましょう。

1.ゴーレムとウィザードを投入

敵のアチャクイがいる側にやや広めにゴーレムを2体投入します。そして後ろにウィザードを出して施設を破壊させます。ウィザードは6体か7体くらい投入です。

今回の進入場所は迫撃砲のすぐ右側の壁がとんがった部分です。その上側と下側それぞれにゴーレムを投入しました。

2.壁開けとヒーロー投入

壁開けですが、最初に1体だけウォールブレーカーを出します。壁の外にある爆弾が無いことを確認して(もしくは爆弾でウォールブレーカーが倒されるのを確認して)、残りの3体を投入します。

壁が空いたらババキン→アチャクイ→残りウィザード3体くらいを順に投入します。ウィザードは最後の回収補助用に2体か3体残しておきましょう。出来れば3体残しておきたいです。

ヒーローを入れるタイミングですが、投入前に盾役のゴーレムが先に壁の中に入ると良いことが多いです。今回は進入地点の両サイドが先に壊れるようにウィザードを展開しましたので、ウォールブレーカーより先に両ヒーローを投入しました。この辺りの順番は状況に応じて変えても構いません。

4.援軍処理

敵援軍が出てきたらポイズンを1つ使って処理します。その後にホグライダー投入となるわけですが、それまでに敵アチャクイ・敵援軍を処理出来ていることは必須です。これらが処理できないとホグライダーを投入しても敵援軍や敵アチャクイにバンバン落とされていきますから、全壊を逃すことになります。

ちなみに、私は援軍の釣り出しをして援軍処理をすることはゴレホグでは行いません。時間切れリスクを負うからです。

初見攻めだと思わぬところにテスラが出てきてホグが減ってしまうことがあります。もしくはホグがあっちこっちに迂回させられて最後の破壊回収に時間をかけられないことがあります。そんなパターンで援軍つり出し処理をしていた場合は時間切れになります。

5.ホグライダー投入とヒール

援軍処理できることが確定したらホグライダーを投入します。今回は5時→9時→11時方向へホグを進軍させることにしました。

ホグライダーの出発地点は5時方向にあるウィザードの塔からにしました。

7時方向にある大砲が出っ張っていますね。このような出っ張っているところからもホグを出すことで、壊し残りが無いようにします。

8時方向の壁の外に大砲が1つ出っ張っていますね。そこで追加ホグを出せるよう、ホグを残しておきました。

続けてホグの進軍に合わせてヒールを落としていきましょう。4発使えるのでほぼヒール回復したまま進軍できます。

今回は最初にボムタワーを壊せてあるのが良いです。あとは巨爆やウィザードの塔に注意しつつ適宜ヒールを撃つことになります。

6.追加ホグ

ホグ本隊と合流出来るタイミングを見計らって8時方向に追加ホグを投入しました。

7.回収ウィザード投入

ホグがある程度進軍している間に回収用ウィザードをホグの開始地点の近くに投入します。今回は5時くらいにウィザードを出しました。

回収用ウィザードは出来れば3体用意しておくと良いです。ホグライダーが減ってしまった場合、破壊率回収役が少ないと時間切れになる場合があります。時間切れリスクを負わないための3体ですが、ホグを増やしたい場合は2体でも構いません。

ホグの開始地点にウィザードを投入したら、残りはホグの終着地点である12時との中間地点に1つウィザードを投入しましょう。今回の陣では8時か9時あたりが良いです。もちろんホグが進軍して安全な場所になってからです。

そして状況を見つつ回収用ウィザードの3体目も投入して全壊を待ちます。

私は慣れているのでホグが進行している途中で順次追加ウィザードを投入します。でも慣れていない方はヒールを全部撃ち終わってからでも最初は構いません。ウィザードとヒールのボタンの切り替えで誤爆することがあるからです。

ある程度回数をこなすうちにホグが減って最後の回収が間に合わず時間切れで全壊を逃すことが出てくるでしょう。その悔しさを味わってから、ホグの進軍途中で追加ウィザード投入をするようにしてもいいです。

プレイ動画

では実際のプレイを以下動画でご覧ください。

【クラクラ TH9】ゴレホグ戦術で全壊を取る方法を紹介 (No.27)

反省と補足

久しぶりに昔の動画を見たわけですが、8時の追加ホグの投入が早いですね。本隊の進軍とタイミングが合っていません。

ヒールを撃つのも遅いのがありました。最後のヒールは巨爆を見てからなので仕方ないですけどね。まぁ全壊取れているので良しというところでしょうか。

ポイズンを使わずじまいでした。

これはこちらのアチャクイが敵ババキンと対峙するときにクロークが残っていたからです。ホグライダーもそこそこ数が残っていたし、ウィザードもまだあったので余裕でした。余裕が無ければポイズンを投下していた場面です。

ところで最近はホグのマックスレベルが9になっています。この動画の時はレベル8がマックスでした。マックスレベルのホグ強いです。バネで飛ばなければ援軍ホグは相当壊してくれます。

これを参考にみなさんもバンバン全壊取ってくれたらうれしいですね。ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする